Que sera sera

『なるようになるさ』精神満載の日常です。 結構好き勝手書いてます。

ニュース記事から。

2008.06.08 candy

スタンダール『赤と黒』 新訳めぐり対立 「誤訳博覧会」「些末な論争」

「まるで誤訳博覧会」-。光文社古典新訳文庫から昨年刊行されたスタンダールの『赤と黒』について、誤訳が数百カ所にのぼり、全面的な改訳が必要だと批判する書評が、スタンダールを研究する専門家でつくる日本スタンダール研究会の会報に掲載された。

 新訳文庫の訳者は東京大学大学院准教授の野崎歓氏で、これを手厳しく批判したのは立命館大学教授の下川茂氏。
 「『赤と黒』の新訳について」と題した下川氏の書評は「前代未聞の欠陥翻訳で、日本におけるスタンダール受容史・研究史に載せることも憚(はばか)られる駄本」と同書を断じ、「訳し忘れ、改行の無視、原文にない改行、簡単な名詞の誤りといった、不注意による単純なミスから、単語・成句の意味の誤解、時制の理解不足によるものまで誤訳の種類も多種多様であり、まるで誤訳博覧会」と書いた上で、「生まれてこのかた」という成句になっている「Delavie」を「人生上の問題について」とするなどの具体例も列挙している。
 また、今年3月15日付で発行された同書の第3刷で19カ所が訂正されたことについて、「2月末に誤訳個所のリストの一部が(訳者に)伝わっている。そこで指摘された箇所だけを訂正したものと思われる」と指摘。改版とせずに、初版第3刷として訂正したことを「隠蔽(いんぺい)」だと非難している。
 産経新聞の取材に下川氏は「野崎氏に会報と絶版を勧告する文書を郵送しました。学者としての良心がおありなら、いったん絶版にしたうえで全面的に改訳すべきだと思います」と語った。
 一方、光文社文芸編集部の駒井稔編集長は「『赤と黒』につきましては、読者からの反応はほとんどすべてが好意的ですし、読みやすく瑞々しい新訳でスタンダールの魅力がわかったという喜びの声だけが届いております。当編集部としましては些末な誤訳論争に与(くみ)する気はまったくありません。もし野崎先生の訳に異論がおありなら、ご自分で新訳をなさったらいかがかというのが、正直な気持ちです」と文書でコメントした。



実は今よみかけの本のうちの1冊がコレだったりしますアップロードファイル
ちょっと読む気削がれたかも~。
スポンサーサイト
  1. 日常的思考
  2. cm:0
  3. tb:0

comment

post a comment

candy


管理者にだけ表示を許可する

trackback

ribbon カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ribbon 最近の記事

ribbon カテゴリー

ribbon 月別アーカイブ

ribbon mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

ribbon ブロとも申請フォーム

ribbon fc2検索

ribbon プロフィール

とも。

Author:とも。
スポーツ観戦ダイスキ♡
サッカーはドイツ代表がお気に入り♡
特にバラックとラームが大好きです♡
好きなチームはFCバイエルン・ミュンヘンです♡

フィギュアスケートもヤグディンプロ転向後若干距離を置いていたのですが、07WORLDでのランビエールのFSにやられました♡

ずっと好きなのは体操競技だったりします♡

ribbon 最近のコメント

ribbon 最近のトラックバック

ribbon リンク

ribbon ブログ内検索

ribbon RSSフィード